ジゴワットレポート

映画とか、特撮とか、その時思ったこととか。

感想『銀魂2 掟は破るためにこそある』 伊東鴨太郎の描き方はこれで良かったのだろうか

『銀魂』は割と珍しい土壌を持った作品で、それは漫画やアニメが何年もかけて築いてきたものである。 いわゆる「実写映画化」した時のネックである、予算規模や美術面からくるSF絵面のしょっぱさや不自然さについて、『銀魂』という作品には自らネタにできる…

特撮監督界の仮面ライダーディケイド、坂本浩一監督の魅力(感想『映画監督 坂本浩一 全仕事』)

2009年に『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』を映画館で観た時のショックは今でもよく覚えている。スクリーンを縦横無尽に飛び回りながらインスタントに光線技を放つウルトラマンたちは、確実に「観たことがなかったもの」だった。 そしてその翌年…

どうして着ぐるみの怪獣が生まれたのか? NHK Eテレ『JAPANGLE』(ジャパングル)の特撮特集が素晴らしかった、という話

タイトル通り、NHK Eテレの番組『JAPANGLE』(ジャパングル)の特撮特集が素晴らしかった、という話。 「特撮」、つまり「特殊撮影」が、どういう歴史で生まれ、いかなる職人の技で支えられているのか。今現在、どんなニュアンスで日本の文化として認知され…

『仮面ライダージオウ』への期待と不安。なぜ平成仮面ライダーは20作目にジオウを描くのか

『クウガ』からリアルタイムで追ってきた平成仮面ライダーシリーズも、ついに20作目。 ついつい「20年!」と書きたくなるけれど、『ディケイド』が半年だったので19.5年が正確なカウント。とはいえ、記念すべき20作目が最後の平成仮面ライダーというのは、メ…

感想『ミッション:インポッシブル / フォールアウト』 イーサンのキャラクター造形で過去作を総括するシリーズ最高傑作

率直にシリーズ最高傑作と言って良いのかもしれない。 それは、もはや笑うしかない怒涛の生身アクションもそうなんだけど、シリーズ初の監督続投作として、どこか過去5作をまとめ上げる気概を感じるからだ。 作品のテーマだけでなく、主にイーサンのキャラク…

苦節3ヶ月、ついに娘が積み木を積んだ日

うちの娘は平均より少し発達が遅い。 何をもって「遅い」とするかは、生後の検診におけるチェックリストから判断する。寝返り、お座り、掴まり立ち。全て、そこに示されているタイミングから1~2ヶ月遅れで習得した。 「それはあくまで目安であって心配しな…

スマートスピーカーは無理やり用途を見い出して買うものじゃない

物は試しと導入したスマートスピーカー(我が家のはAmazonのEcho Dot)と生活して1ヶ月以上が経ったんですけど、もう完全に生活の一部になりましたね。 現在、リビングに1台、自室に1台、計2台を使用してます。 要は「スマートスピーカーとの生活は結構いい…

感想『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film』 圭一郎と魁利の屈折コンビがもたらす高い満足度

通称「ルパパト」は早くも半年の放送を重ねたわけだけど、正直、そのクオリティの高さに毎週驚いている。「こんなに面白いものが観れて良いのか!?」という感動を味わいながらTVの前で待機できほど、幸せなことはないですね。 私のルパパト本編に関する感想…

感想『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』 戦兎の今と巧の過去が交差する「桐生戦兎の物語」

今年もライダー&戦隊夏映画の時期がやってまいりました。アギトとガオレンジャーの頃から映画館で観ているので、この恒例行事も約20年。うーん、歳を取った・・・。 劇場版 仮面ライダービルド Be The One オリジナルサウンドトラック アーティスト: Variou…

『仮面ライダークウガ』の病的なまでの完成度と、それ故に生まれてしまった呪い

2015年秋、特撮ヒーローファンにビッグなサプライズが舞い込んだ。2000年放送『仮面ライダークウガ』のプロデューサー・髙寺成紀氏がパーソナリティを務める「髙寺成紀の怪獣ラジオ」に、ゲストでオタギリジョー氏が出演したのだ。 クウガの主役・五代雄介を…

私が「オススメの映画教えて」と問われたら薦めている映画10本

「趣味とかは? 休みの日は何してるんですか?」 「映画館に映画観に行ったりですね」 「へぇ、映画よく観るんですね。オススメの映画教えてくださいよ」 映画鑑賞を趣味にしていると、上記のような会話イベントが定期的に発生する。 こういう時に、変にマニ…

『仮面ライダー龍騎』という、あまりにも残酷で楽しい命の物語

『仮面ライダー龍騎』が駆け抜けた2002年当時、私は中学生だった。 前年に起きたアメリカ同時多発テロ事件の記憶がまだ生々しい頃に、『龍騎』は放送が開始された。 『クウガ』の衝撃を小学生で体感した私は無事に特撮畑からの卒業タイミングを逃し、その辺…

感想『ジュラシック・ワールド / 炎の王国』 崩壊したのは誰の王国か。シリーズ5作目として正道アプローチで組まれた娯楽作

『ジュラシック・ワールド / 炎の王国』を語るにおいて、まずその邦題に言及せねばならない。 原題は『Jurassic World: Fallen Kingdom』なので、単純に訳すれば「王国の崩壊」「壊滅する王国」といったところか。 しかし、邦題は『炎の王国』。本作を実際に…

仮面ライダーの玩具は年額総額いくら? 『マネ会』に特撮ヒーローの商業展開を語る記事を寄稿しました

お仕事の報告です。 株式会社はてな様から依頼を頂戴しまして、「みんなでお金について考える」Webメディア『マネ会』に記事を寄稿しました。 hikakujoho.com 内容は、「特撮ヒーローと(視聴者の)消費活動」「リアルタイムで追いかける面白さとハマる入り…

感想『BLEACH』 僕は、ついてゆけるだろうか 実写映画版BLEACHのスピードに

「青春ささげた系」の作品はいくつかあるんですけど、私にとってのそのひとつが、『BLEACH』。 BLEACH 1 (ジャンプ・コミックス) 作者: 久保帯人 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2002/01/01 メディア: コミック クリック: 91回 この商品を含むブログ (146…

ミズノのデザインがロンギヌスの槍にしか見えない病

これ、多分、というか絶対に、感じているのは自分だけじゃないと思うんですけど。 ミズノのジャージとかのデザイン、ロンギヌスの槍にしか見えないですよね。そう、『エヴァンゲリオン』の、ロンギヌスの槍。 (ミズノ) MIZUNO クロスティックウェア N-XT ウ…

総務が語る、好かれる営業マンの特徴とは? 『みんなの転職』に営業と総務の体験談を寄稿しました

お仕事のご報告です。 株式会社コクリ様より依頼を頂戴しまして、『みんなの転職』という転職活動を応援するWebマガジンに記事を寄稿しました。 私も複数回転職を経験していますが、転職すると色々と得られるものが多いんですよね。会社の雰囲気も全然違った…

「打楽器は雰囲気で叩けてしまう問題」と「なぜ太鼓は音が鳴るのか」

先日、学生時代の先輩に頼まれて、打楽器の指導に行ってきました。 かくいう自分も、部活動(吹奏楽)+社会人バンドで数年・・・という程度なので、「いやいや指導なんておこがましいですよ勘弁してください」とお断りしていたのを、「大丈夫、色んな意味で…

感想『仮面ライダー龍騎スペシャル 13RIDERS』 龍騎のエッセンスを抽出して原液のまま飲み干す、そんな再構成の巧さが光る傑作

もう何十回と、下手したら百回以上観ているかもしれない、『仮面ライダー龍騎スペシャル 13RIDERS』。 13人の仮面ライダーが殺し合うという未曾有の設定を、わずか45分の放送時間に再構成した本作。 ゴールデンタイムの放送を考慮してか、初見者にもある程度…

祝、ブログ1周年。PVの推移や思い入れのある記事、『ジゴワットレポート』のこれまでとこれから

2018年7月10日で、『ジゴワットレポート』は1周年を迎えました。 いつも読んでくださる皆さん、本当にありがとうございます。 高校生の頃にFC2ブログを始め、社会人になってgooブログを3年。昨年はてなに引っ越してやっとこさ1年。ブログ歴自体は割と長い方…

こっそりプリキュアを観る男子小学生に親が何を言ってあげられるのか

この増田がはてブで話題になってまして。 簡単に要約すると「小3の息子がこっそりプリキュアを観ていた。父親としてどう振る舞うのが適切か」という内容。ブコメでも様々な意見が出ている。 anond.hatelabo.jp 今の自分はプリキュアを観れていないので、現行…

今更DA PUMPの『U.S.A.』にハマった人の感想。ヘビロテする度に歌詞の世界観と「交差するルーツ」で泣ける

今更ながら、DA PUMPの新曲、『U.S.A.』にハマってしまった。 ネットで話題になっているのは知っていたが、いざ聴いてみるとその魅力に病みつきに。気付いたら、iTunesで指紋認証決済が終わっていた・・・。 U.S.A. アーティスト: DA PUMP 出版社/メーカー: …

感想『風都探偵』3巻 閉ざされた洋館で起こる連続殺人事件は、王道ミステリと仮面ライダーの見事な融合に至る

待望の『風都探偵』3巻の感想を簡単に。 1,2巻にも増して「漫画ならでは」を推し進めた内容で大満足。 前回の感想記事でも書いたのだけど、『風都探偵』という作品は存在そのものが極上の奇跡みたいな代物。 また『仮面ライダーダブル』が、あの頃と同じクオ…

感想『ハン・ソロ / スター・ウォーズ・ストーリー』 スピンオフのノルマをこなし、『新たなる希望』を踏襲する。エンタメ映画として隙のない出来(+ 4DXの感想)

公開から1日遅れで鑑賞。 本国では何やら興行成績が振るわないと聞き、「あのハンのスピンオフがまさか微妙だな出来だなんてそんな・・・」と内心ヒヤヒヤしたものの、杞憂であった。 やはり何事も自分の目で確かめなければならない。 アート・オブ・ハン・…

大型ショッピングモールでたったひとりで生活するオリジナル小説『イオンサバイバル』を公開しました

ふと思いついた一発ネタを、形にしてみました。 誰もが一度は妄想したことがある、大型ショッピングモールでの生活。 ニトリで寝泊まりし、GUで服を選び、フードコートで食料を調達する。見渡す限り、誰もいない。 “ひとりきり” のイオンで、主人公は生活を…

ブログの記事数が200を迎えました。その他、最近のブログ運営に関する所感など

タイトル通りです。いつも読んでくださっている皆さん、ありがとうございます。 『ジゴワットレポート』は、一昨日更新したこの記事でちょうど200記事を迎えました。 www.jigowatt121.com 「好きなことを好きな時に書く」「とにかく書くのが好きだから書いて…

46%OFFセールにつられて「Amazon Echo Dot」(アレクサ)を購入。実際に使ってみた感想

前々から興味はありつつも、中々手が出なかったスマートスピーカー。 Amazon Echo Dot、ブラック 出版社/メーカー: Amazon 発売日: 2018/04/03 メディア: エレクトロニクス この商品を含むブログ (5件) を見る Amazonの父の日セールで「Amazon Echo Dot」が…

あれが読みたきゃこれを買おう!平成仮面ライダー関連書籍を分類してみる

先日『仮面ライダーアマゾンズ』の公式完全読本が発売になり、私も事前に予約していたのがまさにAmazonから届いた。相変わらずの物量が素晴らしい代物。 仮面ライダーアマゾンズ公式完全読本 (ホビージャパンMOOK 865) 出版社/メーカー: ホビージャパン 発売…

『ビルド』40話における氷室幻徳の私服ギャグシーンおよび近年の平成ライダーのギャグパートに関する雑感

『仮面ライダービルド』第40話「終末のレボリューション」にて、氷室幻徳というキャラクターが予想の斜め上の私服センスを披露する、というギャグシーンが放送された。 放送当日から、その半ば過剰な演出と氷室幻徳というキャラクターとのギャップについて、…

ブログとTwitterのアイコン制作をプロのデザイナーに依頼し、一新しました

この度、ブログ(はてなアカウント)とTwitterのアイコンを一新しました。 私こと「結騎 了」(ゆうき りょう)の新アイコンは、以下になります。 まず、これまで使っていた旧アイコンについて。 以前記事にしたこともありましたが、自分で描いたやつです。 …