ジゴワットレポート

映画とか、特撮とか、その時思ったこととか。

HIP HOPが無知すぎるアラサー、ライムスターにハマる

何度かブログでも書いているように、ご多分に漏れず宇多丸さんのラジオはずっと聞いていて。 www.tbsradio.jp アトロクになってからは単純に追いかけるのが大変!もちろん嬉しい悲鳴なんですけどね。なので、ライムスターというHIP HOPグループのことはずっ…

【レビュー】「東芝 43V型 4Kテレビ レグザ 43C310X」を購入。リーズナブルな4K入門機!

ついに4Kテレビを買いました。といっても4K対応再生機がまだ無いので、4K機能は現時点でお飾りですが・・・。 娘が大きくなってきたこともあり、我が家で唯一録画機能を有するリビングのテレビが『ちびまる子ちゃん』や『アンパンマン』に占領される日々に突…

感想『仮面ライダージオウ』第7話「マジック・ショータイム2018」ZI-O signal EP07

『仮面ライダージオウ』第7話は、ウィザード編の前編。『ウィザード』は2012年放送なので、実に6年前。懐かしいなあ。 当時の私はまだ独身で趣味にお金を注ぎまくることが許されていたので、ウィザードリングはほぼ全て集め、ボーイズトイのフィギュアシリー…

感想『仮面ライダージオウ』第6話「555・913・2003」ZI-O signal EP06

『仮面ライダージオウ』6話はフォーゼ&ファイズ編の後編。天ノ川学園高校を舞台にした前回の5話から少し軸を移し、予想通りファイズを中心とした作りに。先週の感想で書いた「巧と草加の屈折した友情」について、『ジオウ』なりの「ファイズ解釈」をしっかり…

感想『イコライザー2』 デンゼル・ワシントン扮するマッコールが前作同様にサイコで最強

三連休最終日になんとか時間を作って『イコライザー2』を鑑賞。前作が2014年公開だったので、実に4年ぶりのイコり。 元CIAエージェントのロバート・マッコールが悪を挫く、痛快アクションスリラー映画の続編。さすがのデンゼル・ワシントンと言うべき、「人…

田舎オタクの苦しみ。都会への嫉妬に気が狂いそうになる、そんな時もある。

都会に住みたいなあ、と、2日に1度は思っている。いや、嘘をついた。おそらく日に5回は思っている。 自分という人間を構成する要素として、オタクな部分は決して少なくない。漫画を読んで、小説を読んで、映画を観て、フィギュアをいじって、オタク語りがで…

4コマ漫画のタイトルっていつ読みますか問題

本当にしょ~~もない話なんですけど、例えばこういう4コマ漫画があったとするじゃないですか。 即席で作ったのでクオリティがクソすぎるのは見逃してもらうとして、こういうベクトルの4コマ漫画って、タイトルがないと「オチ」ないと思うんです。仮にタイト…

感想『仮面ライダージオウ』第5話「スイッチオン!2011」ZI-O signal EP05

『仮面ライダージオウ』5話はフォーゼ&ファイズ編の前編。というより、大まかに、今週がフォーゼ中心、来週がファイズ中心、という感じなのかな。4話の感想が仕事やらに追われて5話放送直前の更新になってしまったので、今回は早速日曜日にChromebookを起動…

感想『仮面ライダージオウ』第4話「ノーコンテニュー2016」ZI-O signal EP04

『仮面ライダージオウ』4話はエグゼイド編の後編。先週の感想でも書いたように、中澤監督の遊び心あふれる演出で、イベント性の高い回でした。「いいぞ!ジオウ、どんどん面白くなってきたぞ!」というのが率直な感想ですね。 ということで、『仮面ライダー…

私が愛読しているブログを紹介します

先日Twitterに質問箱を設置したら、以下のような質問を頂戴しまして。 文章をしっかり学んだ経験は無くて(本当はちゃんと学ばなきゃと思っているけれど)、参考にした書籍も特に無いです。自分の文章は、主に沢山のブログを読んで、そこから目を惹いた言い…

『仮面ライダージオウ』アナザーライダーやライドウォッチによる歴史改変の解説&考察

一見するとかなり複雑そうな、『仮面ライダージオウ』の「アナザーライダー」「ライドウォッチ」「レジェンドライダー」関連について、情報を整理しておこうかと。 www.tv-asahi.co.jp レジェンド平成ライダーが活躍する年代にタイムトラベルしながら、改変…

2ちゃんねるでSSを書いていたあの頃の思い出

もう10年以上も前のことだが、2ちゃんねるでよくSSを書いていた。 今はもう2ちゃんねる(現5ちゃんねる)はめっきり見なくなってしまったが、当時はどっぷり浸かっていた。まだガラケーだった頃で、暇さえあれば2ちゃんを開いて時間を潰す。ROM専ではなく、…

『特命戦隊ゴーバスターズ』Mission15「金の戦士と銀のバディ」における挿入歌使用の素晴らしさについて

スーパー戦隊シリーズ第36作目にあたる『特命戦隊ゴーバスターズ』。前作『海賊戦隊ゴーカイジャー』がアニバーサリー戦隊としてド派手に暴れたのとは対照的に、過酷な運命を背負わされながらもストイックにミッションに挑む若者たちの日々が描かれた。 ※当…

感想『仮面ライダージオウ』第3話「ドクターゲーマー2018」ZI-O signal EP03

『ジオウ』3話はエグゼイド編に突入。久しぶりの飛彩や永夢が懐かしかったですね。レジェンドの貫禄が流石といったところ。永夢のあの覚悟を決めた冷たい目線はいかにもエグゼイドという感じで、中澤監督の演出が光る。 さて、『仮面ライダージオウ』の感想…

『別冊映画秘宝 特撮秘宝vol.8』に『ウルトラマンR/B(ルーブ)』の作品紹介を寄稿しました

お仕事の報告です。『映画秘宝』の別冊として展開する『特撮秘宝』(洋泉社)に、久々に参加させていただきました。 現在放送中のウルトラマンシリーズ最新作『ウルトラマンR/B(ルーブ)』について、作品概要を紹介するコーナーを1ページ、担当しておりま…

Apple WatchでのApple Payが便利すぎてもう現金払いには戻れない

Apple Watchの新型(Series 4)が発表されました。ディスプレイのサイズアップ、処理能力の向上、新型ジャイロセンサー搭載、心拍数や心電図の計測と、Series 3から堅実に進化した感じですね。 www.fashion-press.net ・・・といいつつも、実は自分、Apple W…

漫画『スモール・ソルジャーズ』の単行本をついに入手!やった!悲願達成!

やったああああ!!!!!!!ついに!!!!ついに手に入れた!!!!! 中古市場と睨めっこすること、苦節数年! ついにゲット!! 漫画版『スモール・ソルジャーズ』の単行本! 嬉しい!めちゃくちゃに嬉しいッッ!もちろん中古だけど!それでも!!それ…

感想『ジガ-ZIGA-』(全2巻) 溢れる怪獣特撮リスペクトは残念ながら結果に繋がらず

「週刊少年ジャンプで怪獣漫画が読める!」。 もうその条件だけで私の中では100億点を叩き出す勢いだった『ジガ-ZIGA-』ですが、結果は振るわず、単行本2巻弱の話数で打ち切りに至ってしまいました。毎週アンケートを出していたのに・・・。残念。 巨大怪獣…

感想『仮面ライダージオウ』第2話「ベストマッチ2017」ZI-O signal EP02

『ジオウ』2話、色々と不穏なエンディングでしたね。ジオウが歴代ライダーと接触し、その力が込められたライドウォッチを受け継ぎ、アナザーライダーを倒す。その一連のストーリーが19回繰り返されるのか、変化球が持ち込まれるのか。先が楽しみです。 さて…

感想『アントマン&ワスプ』 ミニマムスケールで描く「ユニバースの箸休め役」は続編でも健在

数えてみたら、この『アントマン&ワスプ』でMCUは通算20作目に到達(映画作品のみカウント)。思えば遠くへきたもんだ・・・。 直前の『インフィニティ・ウォー』がクロスオーバーを主軸に据えたドッカンドッカンのお祭り映画だったのに対し、『アントマン&…

ブログを効率よく管理・運営するためのサービス・アプリ・テクニック

このブログを初めて1年と少し、収益化を図ってからは半年以上が経ちますが、管理面は色々とパターンが決まってきました。そんな、「どういう手順で書くのか」「何を使って収益を管理するのか」等々について、記録を兼ねてまとめておこうかと。 普段、こんな…

感想『仮面ライダージオウ』第1話「キングダム2068」ZI-O signal EP01

ついに始まりました、『仮面ライダージオウ』。 同時に、この「ZI-O signal」(ジオウシグナル)もスタートです。約20年、平成仮面ライダーを『クウガ』からずっと追ってきた人間が、当時の思い出や作品考察を交えながらざっくばらんに『ジオウ』の感想を綴…

感想『インクレディブル・ファミリー』 ギミックの数でカバーしきれない構造的な惜しさ

前作『Mr.インクレディブル』が2004年ということで、時が経つのは本当に早い。マイケル・ジアッキーノによるメインテーマはあまりにも有名で、あのジャジーな変拍子は学生吹奏楽界の新たな定番になったほど。14年ぶりの続編でも同氏による音楽が堪能できたの…

『仮面ライダージオウ』の感想・考察を綴る週刊連載「ZI-O signal」を始めます

いよいよ今週末から放送を開始する、『仮面ライダージオウ』。 平成仮面ライダーを、約20年も毎週観てきた人間として、やはり『ジオウ』については感想をしっかり書いておきたい・・・。 ということで、9月より、『ジオウ』の感想を書き連ねる週刊連載企画を…

『仮面ライダービルド』最終回における新世界創生・地球融合に関する考察

『仮面ライダービルド』が最終回を迎えた。ビターエンドというか、メリーバッドエンドというか、シリーズでもかなり壮絶なクライマックスに着地した作品であった。 www.jigowatt121.com www.jigowatt121.com 当ブログでも、主に「戦争という題材を扱う意味」…

Instagramのアカウントを作りました

数日前、インスタのアカウントを作りました。 よかったらフォローしてやってください。 www.instagram.com 数億年ぶりに新しいSNSに手を出したのでまだ全然勝手が分かっておりませんが・・・。 用途としては、「ブログ記事の更新通知」「映画鑑賞の記録」辺…

Twitterの「公式アカウントにリプライする」という行為に思うこと

Twitterに登録したのは2010年なので、もう8年もこのSNSを利用していることになる。もはや情報収集の要として、欠かせないサービスだ。 移転前のブログにも書いたことがあったが、Twitterを利用するようになってから、ブラウザのブックマーク機能を使わなくな…

感想『銀魂2 掟は破るためにこそある』 伊東鴨太郎の描き方はこれで良かったのだろうか

『銀魂』は割と珍しい土壌を持った作品で、それは漫画やアニメが何年もかけて築いてきたものである。 いわゆる「実写映画化」した時のネックである、予算規模や美術面からくるSF絵面のしょっぱさや不自然さについて、『銀魂』という作品には自らネタにできる…

特撮監督界の仮面ライダーディケイド、坂本浩一監督の魅力(感想『映画監督 坂本浩一 全仕事』)

2009年に『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』を映画館で観た時のショックは今でもよく覚えている。スクリーンを縦横無尽に飛び回りながらインスタントに光線技を放つウルトラマンたちは、確実に「観たことがなかったもの」だった。 そしてその翌年…

どうして着ぐるみの怪獣が生まれたのか? NHK Eテレ『JAPANGLE』(ジャパングル)の特撮特集が素晴らしかった、という話

タイトル通り、NHK Eテレの番組『JAPANGLE』(ジャパングル)の特撮特集が素晴らしかった、という話。 「特撮」、つまり「特殊撮影」が、どういう歴史で生まれ、いかなる職人の技で支えられているのか。今現在、どんなニュアンスで日本の文化として認知され…