ジゴワットレポート

映画とか、特撮とか、その時思ったこととか。

『ゼルダの伝説 夢をみる島』リメイクによせて

そういえばブログでは改めて書いていなかったと思うんですけど、今年の初め頃、Nintendo Switchを買いまして。何だかんだ、任天堂のハードは結構買ってきているんですよ。Wiiなんか、大学生の頃にこれでもかと遊び倒して。 実際にSwitchを触ってみて感動する…

初期平成ライダー特有の「冬の匂い」について

昨日、『ビルド』のVシネマ『仮面ライダーグリス』の制作が発表となり、喜びつつも以下のようなツイートをした。 龍騎やファイズや剣の頃の、激動の最終回と共に作品とはスパッとお別れというあの冬の匂いがやたら記憶に残っているので、近年のライダーが夏…

感想 映画『七つの会議』 しっかり憤って、しっかり痛快。「顔圧映画」としても期待通りの一作

池井戸潤原作の映像化、本当に止まりませんね。すごい勢い。 ドラマで挙げると、私は『陸王』にめちゃくちゃハマりまして、毎週夫婦でテレビの前に正座する勢いで観ていました。映画だと、昨年公開の『空飛ぶタイヤ』は映画館で観ましたね。これも主演の長瀬…

感想『仮面ライダージオウ』第22話「ジオウサイキョウー!2019」ZI-O signal EP22

『仮面ライダージオウ』第22話は、前回同様、田崎監督&下山脚本による主役パワーアップ回。鏡の世界や巻き戻る時間に未来予知など、様々な映像処理に見応えを感じた回でした。特撮番組って、やはり一般ドラマでは中々観られない映像表現が醍醐味だと思うので…

最終回感想『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』 VS戦隊というメインテーマへの解答と、本当に溶かされたもの

『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』こと「ルパパト」、ついにフィナーレ。感無量の最終回でした。 思い返せば約一年前。初のVS戦隊が始まるとのことで、以下のような記事を書いた。依頼を頂戴して『週刊はてなブログ』に寄稿したものであ…

制作中の同人誌『さようなら平成仮面ライダー』の試し刷り版が届きました

先日、「Kindleで平成ライダーの本を出します」という記事を更新しましたが、紆余曲折あり、結果として普通の(普通の?)同人誌として物理本に辿り着きました。自分の書いた文章が何らかの紙面に載ったことは何度かあるのですが、イチからジュウまで自分で…

感想『仮面ライダージオウ』第21話「ミラーワールド2019」ZI-O signal EP21

『仮面ライダージオウ』第21話は、パイロット監督でもあられる田崎監督&下山脚本。そして内容は「龍騎編」もとい「リュウガ編」ということで、龍騎世代には堪らないものがあります。つい「龍騎世代」などと書いちゃいましたけど、『龍騎』の頃に幼稚園児や小…

アトロクを聴き続けた1年間がもうすぐ終わろうとしている

「アトロク」こと『アフター6ジャンクション』を聴き始めて早11ヶ月。ついこの前始まったと思ったのに、おそらく2月は逃げて3月は去るだろうから、すでに1周年は目前、と言っても差し支えないだろう。 前身である「タマフル」ももちろん聴いていたが、一気に…

実際の「小林靖子脚本」から楽しむ『龍騎』最終回

現在放送中の『仮面ライダージオウ』が「龍騎編」もとい「リュウガ編」に突入し、『龍騎』の新作も制作されるとのことで、にわかに龍騎熱が高まる昨今。ふと存在を思い出し、本棚から取り出した本を読み耽る時間を過ごしてしまった。 朝日ソノラマの『仮面ラ…

感想『仮面ライダージオウ』第20話「ファイナルアンサー?2040」ZI-O signal EP20

『仮面ライダージオウ』もついに第20話。ついこの前始まったと思うのですが、もうすぐ折り返し地点なんですね。早いなあ。この「ジオウシグナル」もこれで20回書いてきたことになります。毎回4,000字オーバーくらいなので、累計8万字以上は書いている? うわ…

(2/1追記あり)KDPで平成仮面ライダー本の出版を計画しています

タイトルの通りで、まだ告知という段階でもないのですが、KDP(Kindle ダイレクト・パブリッシング)で本の出版を計画しています。要は電子書籍ですね。 ありがたくも以前より私のブログを読んでくださっている方はご存知かと思いますが、はてなに移転する前…

書評『セブン-イレブン 金の法則 ヒット商品は「ど真ん中」をねらえ』 なぜ100円コーヒーが年に10億杯も売れるのか?

先日、セブンイレブンのセブンカフェ(コーヒー)について書いている記事が目に留まり、以下のようなブコメを残した。 ekawa.hatenadiary.jp コンビニコーヒーのお客さんは、どこからやって来たのだろうか? - 江川珈琲店のブログ そこまでコーヒーを買う方…

「読者の多いブログはバズるの簡単でいいよな」、う、う、うるせ〜〜〜〜!!!!!!!!!!

たまに、本当にたまに、そんなニュアンスのことを言われるんですよ。「あのブログがいつも読まれてるのは読者が多いからだ」みたいなことを。「この程度の内容でバズるのは信者が多いからだ。楽でいいよな」みたいな、そういう、そういうやつ。 おかげさまで…

感想『仮面ライダージオウ』第19話「ザ・クイズショック2040」ZI-O signal EP19

『仮面ライダージオウ』第19話は諸田監督が撮るクイズ編の前編。脚本はシノビ編に引き続き、メインライターの下山さん。またもや記事の更新が土曜日になってしまった後悔の念の話は置いておいて、今週は本編以外で驚きのニュースがありましたね。超英雄祭は…

Twitterにおける映画のネタバレはどうやって防止するのか。『わたしのネット』にSNSのネタバレ問題について寄稿しました

お仕事の報告です。 『わたしのネット』様から依頼を頂戴しまして、同サイトに寄稿しました。内容は、SNSのネタバレ問題について。取り分け、「映画」というコンテンツと「Twitter」の相性にフォーカスして書きました。 flets.hikakunet.jp 結騎了さん(@slin…

社会人オタクよ、ゴールデンボンバーの新曲『ガガガガガガガ』を聴いてくれ

社会人でありながらオタクをやる、というのは、学生時代とはまた意味が変わってくる。 よく使われる物言いだが、学生は「お金は無いが時間がある」。新しくハマったジャンルの作品を片っ端から鑑賞したり、とにかく関連書籍を読み込んだり、そうやって内に籠…

私が愛読しているブログを紹介します Part 2

良いアウトプットを目指すには、その何倍もの素晴らしいインプットが必要。 ジャンルの畑違いは大歓迎。テキストの波に飲まれることを、年がら年中願ってやまない、そんなテキストジャンキーでござい。ブログを書くのと同じくらい、読むのが趣味なのです。は…

感想『ミスター・ガラス』 奇怪なヒーロー映画が着地した純な結論について

元より、M・ナイト・シャマラン監督の作品は数えるほどしか観たことがなかったが、TwitterのTLでは程なくして公開される『ミスター・ガラス』への注目度が高まっていた。少し調べてみると、同監督の『アンブレイカブル』『スプリット』と世界観を共有する特…

感想『映画刀剣乱舞』 刀剣男士である、という設定を真摯にフォローしたシナリオ構成に感服

ネットに生息していると数年前から幾度となくその名を目にしていた『刀剣乱舞』。「刀が男になって戦うらしい」「元はゲームで舞台とか色々めっちゃ人気らしい」という非常にざっくりとした知識しかなかったのですが、昨年末の紅白でもかなり力の入ったパフ…

漫画『トクサツガガガ』が扱ってきた問題提起やテーマを書き並べてみる(1~8巻編)

特撮オタク漫画『トクサツガガガ』も気づけば長期連載ですね。そして遂にドラマ化もされるということで。月日が経つのは本当に早い・・・。 連載開始が2014年ということで、世間的に「特撮」といえば市場規模的にも戦隊やライダーが強かった時勢。2013年に『…

感想『仮面ライダージオウ』第18話「スゴイ!ジダイ!ミライ!2022」ZI-O signal EP18

『仮面ライダージオウ』第18話は、未来編に突入、「シノビ編」の後編。前回に引き続き、メインライターである下村さんの脚本を、柴崎監督が彩る。柴崎監督といえば、私は『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』が好きなんですよ…

気づいたら定額配信サービスに沢山入ってしまっている問題、あるいは「状態維持」の価値について

動画や音楽の定額サービス、全く使わないものなら解約一択なんですけど、微妙に使い続けていると費用対効果の判断に迷いますよね。ついついポチポチ登録してしまうんですけど、自省のために書き出してみると、現状はこんな感じ。 <加入サービスの月額料金>…

「読まれるブログ」を作るためにやっていることを50個書く

はてなブログの今週のお題が「ブログ初心者に贈る言葉」とのことで、前々から書き進めていた記事をやっとこさ仕上げることに。 タイトル通り、「読まれるブログ」を作るために私が自分なりにやっているテクニックや意識の持ち方(?)のようなものを、50個、…

感想『仮面ライダージオウ』第17話「ハッピーニューウォズ2019」ZI-O signal EP17

『仮面ライダージオウ』第17話は、2019年初回、第2章の幕開け。柴崎監督が彩るギミックとハッタリに満ちた回で、観ていてとても面白かったです。ウィザード編ぶりのメインタイラー・下山さん回でもありますね。 このブログでも幾度となく書いてますが、『ジ…

2018年に読んで面白かったエントリー23選

はてなブックマークを使い始めて数年が経つけれど、やっとこさ「面白かった記事は必ずブクマしておく!」という習慣が身に付いたかなあ、という2018年でした。 そんなこんなで年間を通して沢山のエントリーをブクマしてきた訳ですが、先日、こちらのリストに…

これがディズニーの描きたいことなら私にとっては辛い。『シュガー・ラッシュ:オンライン』感想

『シュガー・ラッシュ:オンライン』、私の感想を率直に言ってしまうと、かなり「しこり」が残りました。話の大筋というか、「歩みたい人生の選択」「与えられた役割からの脱却」「共依存からの自立」という、掲げられた個々のテーマについては、良いと思う…

アヴァロンの鍵リアルカードキル事件により僕はゲーセンに行かなくなった

まだ「私」でも「俺」でもなく「僕」と言っていたクソガキ中学生時代。辺鄙な田舎のゲームセンターは、その土地では貴重な遊び場であった。 学校の先生からは「下校中のゲーセン立ち寄り」は慎むよう言われていたけれど、友人らとたまに寄っては、リズムゲー…

ジゴワットレポートの平成仮面ライダー記事まとめ

本ブログのメインコンテンツと言っても差し支えない平成仮面ライダー関連の記事ですが、やたらめったらその時のパッションだけで書いたものが多いので、あまり体系化されていないんですよね・・・。まあブログなんて本来そういうものなんでしょうけど。 決定…

感想『時計館の殺人』 館・伏線・叙述トリック・犯人、その全てが「業の物語」に収束していく傑作

綾辻行人著『時計館の殺人』を読了。新装改定版の文庫上下二冊。同氏の代表連作である「館シリーズ」の5作目にあたる。 時計館の殺人<新装改訂版>(上) (講談社文庫) 作者: 綾辻行人 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2012/06/15 メディア: 文庫 この商品を含…

感想『仮面ライダージオウ』第16話「フォーエバー・キング2018」ZI-O signal EP16(第1章まとめ)

『仮面ライダージオウ』第16話。2018年最後の放送は、『ジオウ』の本筋を進めつつ関係性を整理していく一編でした。ということで、改めまして、あけましておめでとうございます。今年も本ブログでは『ジオウ』の感想を綴っていきたいと思います。どうぞよろ…