ジゴワットレポート

映画とか、特撮とか、その時思ったこととか。

あれが読みたきゃこれを買おう!平成仮面ライダー関連書籍を分類してみる

先日『仮面ライダーアマゾンズ』の公式完全読本が発売になり、私も事前に予約していたのがまさにAmazonから届いた。相変わらずの物量が素晴らしい代物。 仮面ライダーアマゾンズ公式完全読本 (ホビージャパンMOOK 865) 出版社/メーカー: ホビージャパン 発売…

『ビルド』40話における氷室幻徳の私服ギャグシーンおよび近年の平成ライダーのギャグパートに関する雑感

『仮面ライダービルド』第40話「終末のレボリューション」にて、氷室幻徳というキャラクターが予想の斜め上の私服センスを披露する、というギャグシーンが放送された。 放送当日から、その半ば過剰な演出と氷室幻徳というキャラクターとのギャップについて、…

ブログとTwitterのアイコン制作をプロのデザイナーに依頼し、一新しました

この度、ブログ(はてなアカウント)とTwitterのアイコンを一新しました。 私こと「結騎 了」(ゆうき りょう)の新アイコンは、以下になります。 まず、これまで使っていた旧アイコンについて。 以前記事にしたこともありましたが、自分で描いたやつです。 …

熱心に描いていた平成ライダー自作VHSラベルを供養する

数年前にもTwitterに載せたが、当時中高生だった私が熱心に描いていたのが、録画したVHSの自作ラベル。 特に平成ライダーは熾烈にハマっていたので、やたら一生懸命描いていた。 部屋の整理中にまたもや再会したので、供養を込めてブログに上げておこうかと…

漫画『AUTOMATON(オートマトン)』1巻感想。洗練された線と映画的演出で描かれるロボット×ヒーロー物語

書店で表紙を見て「おっ!?」となって購入。久々のジャケ買いである。 倉薗紀彦氏の漫画を読むのは初めてだけど、非常に洗練された絵を描く人だな、という印象。 引きの絵と寄りの絵の使い分けが上手く、明暗がはっきりした線の使い方も好み。映画的な演出…

『パシフィック・リム』冒頭の出撃シーンで泣く人と、泣かない人

TwitterのTLに以下のツイートが流れてきて、「そうそう、『好き』と『面白い』ってイコールじゃないんだよね!」となったのが今朝の話。 マンガやアニメで「面白いのに好きという感覚が湧かない」作品に出合う。逆に「面白さは足らないけど好き」な作品もあ…