ジゴワットレポート

映画とか、特撮とか、その時思ったこととか。

2018年に読んで面白かったエントリー23選

FOLLOW ME 

はてなブックマークを使い始めて数年が経つけれど、やっとこさ「面白かった記事は必ずブクマしておく!」という習慣が身に付いたかなあ、という2018年でした。

 

そんなこんなで年間を通して沢山のエントリーをブクマしてきた訳ですが、先日、こちらのリストに当ブログのものが6つも取り上げられておりまして。う、嬉しい!ありがとうございます。

 

toya.hatenablog.com

 

触発される形で、私も2018年のブクマを一通りさかのぼって、特に「これは面白かった!」と感じたもの をリスト化してみました。

 

どれもこれも、「読み応え」「共感性」「なるほど感」「わかり!」「文圧」等々、何かが突出しているオススメ記事になります。各エントリーの前に載っているコメントは、私自身のブコメです。

 

スポンサーリンク

     

スポンサーリンク

 

 

 

・ブログよりインスタントな印象がこういった需要を生むのかもしれない。

nogreenplace.hateblo.jp

 

・友達とこれでスマブラやりたい……。

portal.nifty.com

 

・驚きと納得の連続。「再放送&声優交代システム」が「15分枠の名残り&副音声企画」からの変化形だったとは。なるほどなあ。

www.animatetimes.com

 

・分かる...…。クラシックには夢があった。

sloppyhorse.hatenablog.jp

 

・ 画風のビフォーアフターがあまりにも面白すぎる。スクショして落ち込んだ時に見たい。

nlab.itmedia.co.jp

 

・色々なジャンルをぐるぐるするけど、実家に帰ってきたような安心感を覚えるのは、確かにこの頃に聴いた音楽。

fnmnl.tv

 

・一回の戻りくらいまでは同じ広告出して欲しいよな。わかる。

anond.hatelabo.jp

 

・ “「うまい文章を書かなくちゃいけない」というのは完全に呪縛”

pencil.schoo.jp

 

・ブログやSNSはこの真ん中を埋められるから好きだ。

note.mu

 

・ こういう時のために「文圧」という概念を提唱していきたい。

diary.uedakeita.net

 

・自分もこのアルバムではアリスが断トツで好き。米津氏のアンニュイな歌い方が曲とぴったりで気持ち良い。

malily7.hatenablog.com

 

スポンサーリンク

     

スポンサーリンク

 

 

 

・「今度こそ見つけた... 両親の仇!!」

anond.hatelabo.jp

 

・わかる。その「師匠」の我が道を征く感に憧れて、そして何故かそれが虚勢に見えてしまう日が来るのよな。

akasofa.hatenablog.com

 

・わかりすぎる。『HERO』はカップリングだけど超名曲。歌詞のヒロインのくだりが「大好きだったよ」で締まるのが大好き。

amanatsu0312.hateblo.jp

 

・読ませる......。

cr.hatenablog.com

 

・ 巨大ロボのウルトラマンが起動する動画、ワンダーが詰まりすぎている。そしてその技術がこうして継承されているのも素晴らしい。良いものを観た。

portal.nifty.com

 

・吹奏楽経験者必読。

brosebrosebrose.hatenablog.jp

 

・ 21世紀型文学。

blog.tinect.jp

 

・「降谷専用フォーム」で思わず笑ってしまった。素晴らしい。/ 「オタクは番組ロゴやキャラ絵グッズより『劇中で実際に使われてそうな代物』のグッズが欲しい」とはよく言うが、そのニーズにはまった感じがある。

hikakujoho.com

 

・つまらなかった振りをして巧妙にネタバレを誘発するテクニック。

anond.hatelabo.jp

 

・“「そんなの、ありのままの私じゃない!中身を見てほしい!」黙れ!”  ここでダメだった。

ameblo.jp

 

・つまりは、「知りたい情報」ではなく「読みたい内容」を提供したいよね。

oreno-yuigon.hatenablog.com

 

・“日本のヒーロー番組は、敵が攻めてくるので防衛する。基本的に待っている。(中略)龍騎は敵を待っていない。結果論ですが、それを提示できた。違う作り方ができるんだと示した。”  これが龍騎の肝だよなあ。

mantan-web.jp

 

以上、23選でした。色々と私の趣味に偏っているものもありますが。私自身もこうやってブログを書いているので、何処かの誰かの「面白かった」になれれば嬉しいなあ、と。そんなことをボーっと考えながら、日々打鍵してます。

 

2019年も、多くの「面白い!」エントリーと出会いたいですね。