ジゴワットレポート

映画とか、特撮とか、その時思ったこととか。

『トイ・ストーリー4』でウッディがレリゴーしてしまう可能性が怖い

FOLLOW ME 

『トイ・ストーリー4』の制作決定が報じられてから、実はずっと不安でして。

 

というのも、やはり前作である『3』があまりにも傑作だったこともあり、その「有終の美」が「有終」じゃなくなる不安があったんですね。しかし、とは言いつつも、ウッディやバズにまた会えるのはそれはそれで嬉しいし、なんだかんだ短編等で「その後」はすでに描かれているし、更に映像的に進化するであろうCGのクオリティも楽しみだし、なるべく前向きな姿勢でいようとは心がけていまして。

 

しかし、先日、待ちに待った予告編が公開され、また一気に期待値が不安一色に染まってしまった。まさか、ははは、まさか、な、大丈夫だよな、大丈夫だよね『トイ・ストーリー』、と。あまりに胸がざわざわしているので、こうして記事にして吐き出すことで、心のバランスを保ちたい・・・。

 

www.youtube.com

 

具体的には、ウッディがレリゴーする怖さなんです。予告を観ていただければ何を言わんとするか、分かっていただけると思いますが。

 

スポンサーリンク

 

 

 

先に思い出話をしてしまうと、『トイ・ストーリー』は、自分が小学生の頃の作品でして。地元には映画館がなく、親が買ってくれたVHSで出会ったのをよく覚えてます。もう本当に擦り切れるまで観たのですが(書いていて思ったけど今の若い子には「擦り切れるほど観る」という表現が伝わらないのかもしれない)、観れば観るほどに自分が持っているおもちゃも夜中に動いてるのかな、と妄想が膨らむばかりでした。ウルトラマンやスーパー戦隊のおもちゃを持っていたので、夜中に彼らは混合ドリームチームを組んで戦いを繰り広げているんじゃないか、などと、そういう想像をする訳ですね。

 

トイ・ストーリー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

トイ・ストーリー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

 
トイ・ストーリー2 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

トイ・ストーリー2 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

 

 

そして、『2』を経て、後年の『3』は私が大学生の頃。つまりは、劇中のウッディやバズの持ち主であるアンディと私は、同世代なんですよ。『3』は大学進学先の土地でひとりで観たのですが、実家に置いてきた段ボールの中のおもちゃを思い出して涙が止まらなくなったのをよく覚えてます。最後の、アンディがウッディたちと遊ぶシーン。なんてズルいんだ、と。「アンディ世代」としては、『トイ・ストーリー』3部作をまさにリアルタイムで「生きてきた」感覚があるので、何度観ても胸の奥がグ〜〜っとなるんですよね。

 

トイ・ストーリー3 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

トイ・ストーリー3 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

 

 

ということで本題に戻ると、まず、あの『3』の続編を作るのかと。本当にそれをやっちゃうのかと。

 

とはいえそれは、『3』の時にも感じたことではあって。『3』のテーマって、実は『2』と根底は同じなんですよね。でも、他ならぬアンディとの別れをクライマックスに据えることで、『2』のテーマ(おもちゃの幸せとは何か)から更に踏み込む形で成立させていた。「こんなに素晴らしいものに続編なんて大丈夫かよ」と不安がよぎった代物といえば、例えば全く畑違いですが、『ダンガンロンパ』にも当時は感じていたことで。これも2作目のクオリティには驚かされましたし、今や関連作が続々と出ていますが・・・。

 

スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園 (通常版) - PSP

スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園 (通常版) - PSP

 

 

なので、不安はあるにはあるけれど、やはりクリエイターの方々もそれを分かった上で作るのだろうから、ちゃんと踏まえたものになるだろう。一介の消費者の些細な不安は脇に置いておこう。シンプルに続きが観られる期待に向き合おう。・・・という感じで、冒頭にも書いたように、『4』があること自体は、今や割と楽しみになっていたんです。完全には拭えなくても、それでも。

 

Disney/Pixar Toy Story 4: Movie Storybook / Libro basado en la película (English-Spanish) (Disney Bilingual)

Disney/Pixar Toy Story 4: Movie Storybook / Libro basado en la película (English-Spanish) (Disney Bilingual)

Disney/Pixar Toy Story 4: Movie Storybook / Libro basado en la película (English-Spanish) (Disney Bilingual)

  • 作者: Disney Storybook Art Team,Laura Collado Piriz,R. J. Cregg
  • 出版社/メーカー: BuzzPop
  • 発売日: 2019/05/07
  • メディア: ペーパーバック
  • この商品を含むブログを見る
 

 

そこにあの予告ですよ。

 

「相変わらず仲間を助けてばかりね」

「まだ子供部屋にこだわるの?」

「世界はこんなに広いのに!」

「君は持ち主がいなくても平気なんだね」

「あなたも変われる」

 

・・・大丈夫だよね。ウッディ、君がこれまで体現してきた「おもちゃであること」からレリゴーしないよね。『1』でバズにおもちゃの幸せを説き、『2』で博物館行きを蹴り、『3』で新たな持ち主に遊んでもらう幸せを噛み締めたウッディ。大丈夫だよね、持ち主の元を離れたりしないよね? 子供部屋に別れを告げたりしないよね? 「おもちゃの新しい生き方。新しい考え方。俺はそれをやってみたい、変わってみたい」とかにはならないよね?

 

スポンサーリンク

 

 

 

もう、ここが心配で、夜も眠れず。いや、これは実は嘘で実際は寝息を立ててますが、それでも、ここ数日は小まめに胸がざわざわしてしまうんですよ。

 

もちろん、この問題提起自体が、ウッディによる反証を前提としている可能性も大いにあるのです。「色んな生き方があると思う。でも、今の俺の持ち主は、やっぱりボニーしかいないんだ。彼女に遊んでもらうのが、おもちゃの幸せだと、俺は思う」。ウッディ、君ならこんな感じでボーの誘いを退けてくれるよね。大丈夫だよね。そんな姿を見て「やっぱり君は」ってニンマリした顔を浮かべるバズが横にいるよね。大丈夫だよね??

 

というのも、昨今のディズニーの作品傾向的に、多様性と新たな価値観を推し進めるパターンが多いのが気がかりなのだ。

 

『マレフィセント』『アナと雪の女王』等々に見られる、従来のプリンセス観からの脱却。『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』における血統主義の撤廃。『カーズ / クロスロード』の自らが望む生き方の変更。『シュガー・ラッシュ:オンライン』の既存の役割との決別。昨今のディズニーが関わっている作品の多くが、前時代的な価値観を捨て、与えられた役割から脱却し、生き方の自由選択を促す、といったテーマを推し進めている。いわゆるポリコレ的な面も含め、世界のエンタメを統べる勢いのディズニーがこの手のメッセージを発信するのは、とても意義があると思うし、現代的だとも感じている。

 

アナと雪の女王 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

アナと雪の女王 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

 
シュガー・ラッシュ:オンライン MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

シュガー・ラッシュ:オンライン MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

 

 

ただ、それをシリーズものでやった時に、発信したいメッセージとそのシリーズが以前から持っていたテーマとの相性において、大なり小なり齟齬が起きてしまわないか、ここに不安を覚えてしまうのだ。

 

「与えられた役割からの脱却」。それは確かに、多様性が叫ばれる近年としては重要なメッセージだ。望まぬ役割を与えられている人は世界中に無数に存在するし、そこから望む方向に一歩を踏み出すキャラクターたちを見て、勇気をもらった人も大勢いるだろう。

 

しかし、『トイ・ストーリー』は、この作品だけは、この列に並ばせて良いのだろうか。この作品はむしろ、「与えられた役割の尊さ」をずっと描いてきた作品だと思うのです。時代と共に価値観は変容していくのかもしれないが、それでも私は、もし昨今のディズニーの作品傾向に沿ってウッディが従来のおもちゃの生き方からレリゴーしてしまうのなら、しばらく立ち直れなくなるだろう。ウッディだけは、彼だけはこの列に並ぶことなく、ずっとそのままでいて欲しい。そう願ってしまうのは、もう十二分に面倒臭い懐古厨マインドなのだろうか。

 

おもちゃの幸せとは何か。ウッディに何かしらの「選択」が迫るであろう『トイ・ストーリー4』は、シリーズファンの自分にとって、天下分け目の決戦とも言える一作。今からもう、武者震いか悪寒か分からない、そんなゾクゾクを覚えてしまう。好きなシリーズの最新作は、いつも一世一代の大勝負なのだ。

 

ウッディ、頼むぞ。俺は信じてるからな。(この文章は、『アナと雪の女王』におけるレリゴーのくだりは一種の「闇堕ち」だという認識を持つ筆者によって書かれています)

 

トイ・ストーリー DVD・トリロジー・セット (期間限定)

トイ・ストーリー DVD・トリロジー・セット (期間限定)

 
トイ・ストーリー 謎の恐竜ワールド ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

トイ・ストーリー 謎の恐竜ワールド ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

 
トイ・ストーリー・オブ・テラー!  ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

トイ・ストーリー・オブ・テラー! ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]