ジゴワットレポート

映画とか、特撮とか、その時思ったこととか。

セブンイレブンのコーヒーを間違えて買ったら感動した話

FOLLOW ME 

f:id:slinky_dog_s11:20180610172619j:image

 

セブンイレブンのコーヒーが大好きでよく買う。

もはや中毒レベルで、日に2,3杯買うこともある。「5杯買ったら1杯プレゼント」のセールを2日間で達成するくらいにはハマっている。

 

今日も今日とてセブンイレブンのコーヒーを買ったのだが、間違いを犯してしまった。

レギュラーサイズ(R)を買ったのに、ラージサイズ(L)のボタンを押してしまったのだ。

 

普段ラージを買うことが多いので、ついつい無意識に押してしまった。

つまりは、小さいカップに多い分量のコーヒーが注がれてしまう、ということ。焦ってももう遅くて、機械の扉はロックされているし、中止ボタンも見当たらない。すごい勢いで注がれていくコーヒー。

 

「終わった・・・」と呟きながら、ただ見守るしかない私。

 

スポンサーリンク

     

スポンサーリンク

 

 

 

カップから溢れたコーヒーを拭かなければならないのか・・・。

 

そう思いながらカップを見ていると、コーヒーの注ぎがまさかのタイミングで止まった。そう、ギリギリで溢れない分量なのだ。それはもう、ピッタリと。

 

f:id:slinky_dog_s11:20180610173216j:image

 

お分かりいただけるだろうか。表面張力にはギリギリ達しないくらいの、絶妙な分量。これはすごい。頭の中で「うおおおおお!」と歓声を上げてしまった。

 

つまりこれ、おそらくだけど、「間違ってレギュラーのカップにラージを注いでしまった場合」が想定されているんですよね。偶然の可能性もなくはないけれど、ここまでドンピシャな分量だと意図的なものじゃないかな。

最初から客のそういうミスを見越して、レギュラーとラージの分量を設定している、と。もし間違えてしまっても、客の手は汚れない。さすがのセブンイレブンですよ。2万店舗オーバーはだてじゃない。

 

偶然とはいえ、小さいこととはいえ、こういう細かなアイデアや先回りの手はずに気づいた時って、すごく嬉しくなりますよね。

ありがとう、セブンイレブン。これからも通い続けます。

 

ちなみに、ちゃんとお店の人に報告して差額を払いました。お手数をおかけしてしまい、申し訳なかったです。

 

セブン-イレブン 金の法則  ヒット商品は「ど真ん中」をねらえ (朝日新書)

セブン-イレブン 金の法則 ヒット商品は「ど真ん中」をねらえ (朝日新書)