ジゴワットレポート

映画とか、特撮とか、その時思ったこととか。

1歳の娘と初めてふたりきりで一日を過ごした父親の記録

FOLLOW ME 

先日、1歳になったばかりの娘と、初めてふたりきりの一日を過ごした。

 

専業主婦をしてくれている嫁さんが、十年来の友人との日帰り旅行に誘われたのだ。

早めに日程が分かっていたので、そこに合わせて休暇を取得。まだ微妙に暗い明け方に嫁さんを見送った。さて、戦いの始まりである。

 

7:30、娘起床。この時刻は、いつも私が家を出る時間に近い。この時間に合わせて嫁さんがお弁当を作ってくれることもあり、その物音につられて娘もおよそこの時間に起きる。体に染み付いているのだろう。

起きていきなり「お母さん」が居ないことに気付くと涙がちょちょぎれてしまう可能性があるので、目覚めてすぐ「お父さん」の優しい抱っこから開幕。

 

 

まさかとは思いますが、この「お母さん」とは、あなたの想像上の存在に過ぎないのではないでしょうか・・・?

 

 

・・・とでも言いたくなるほどに、心の中で嫁さんに謝りながら、「お母さん」の存在を隠蔽していく。娘よ、最初からそんな人は居なかったのだよ。だから哀しくなんてないね、ははははは。

そう、これは気付かれたら負けの戦いなのだ。毎日専業主婦で朝から晩まで娘と一緒に過ごしている「お母さん」が居ない、という事実を、いかに意識させないか。ここが決戦の肝である。

 

スポンサーリンク

     

スポンサーリンク

 

 

 

抱っこで寝起きの不安定な状態を落ち着かせたら、リビングに降ろす。

本を読むのが好きな娘にお気に入りの本を渡し、台所へ。朝ご飯の準備だ。

 

しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)

しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)

しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)

 

 

最近のお気に入りはしろくまちゃんシリーズ。

 

「あぅぱ、う、う、あっっちゃらったね~~~~~うっ!うっ!」

 

娘の音読が盛り上がるのを聞きながら、ご飯・おかず・お味噌汁、と準備を進めていく。

といっても、前日の夜に嫁さんから引継ぎを受けた内容をこなすだけだ。いつもご飯をあげることはするが、準備までは中々手伝えていない。結局は嫁さん頼りである。頭が下がる。

 

ご飯一式をお盆に乗せ、リビングに帰還。

 

「まんまだよ~!」

「ッッッあああああああああああ~~~~!!!!!!!」

 

食べることが何よりも至福である娘は、毎度このタイミングで絶叫して喜ぶ。

 

20分かけてご飯をあげた後は、手早く茶碗を洗い、洗濯タイムだ。

自分の朝ご飯は片手間でパンをかじって済ます。

 

嫁さんからの「この服とこの服は一緒にしない」「これにはこの洗剤を使う」という指示書を読みながら進めていく。不在の嫁さんに助けられ、またもや頭が下がる。

 

その間、娘は私が作った『最強ミックスVOL.1』を聴きながら、歌って踊っていた。

計画通り。この日のために用意した、アンパンマンやちびまる子ちゃんのOP・EDを詰め込んだ特製CDである。お前の好みは把握しているんだーッ!くらえッ!!!

 

www.jigowatt121.com

 

洗濯が終わると掃除機、そしてやっと一息。

 

水を飲みながらゆっくりしたのもつかの間、娘のゴキゲンが斜めになっている。そう、朝寝の時間帯だ。しかし、今日の計画に朝寝は入っていない。

そう、なるべく疲れさせ、じっっっくりと昼寝の時間を確保する作戦である。ここで寝させるわけにはいかない。甘いな、娘よ、父は厳しいぞ。

 

そこから、怒涛の積み木タイムが開幕した。

積み木を高く積み上げては、ピエロのような所作で崩しにかかって自身も驚いてみせるという、”ともだち”もびっくりの自作自演劇を敢行。手を叩いて喜んでくれる娘の顔を観察しながら、積み木タワーを約10回破壊。娘も笑い疲れたようである。

 

ここで布団に転がせば、一発だろう。だがしかし、計画は崩さない。

出かけるぞ、娘よ。

 

リュックサックを引っ張り出し、アイテムを放り込んでいく。外出時の子供用食器セット、万能ウェットティッシュ、水分、好きな本数冊、替えのオムツ、母子手帳に保険証、などなど。パンパンになったリュックを背負い、いざ出発。

 

娘をチャイルドシートに乗せて、座敷があるうどん屋さんに向かう。

今日は「ちゅるちゅる」だぞ!娘よ!

 

さぬきうどん全店制覇攻略本2018-19年版

さぬきうどん全店制覇攻略本2018-19年版

 

 

うどん屋さんでも戦いが始まる。

 

まず、うどんが運ばれてくるまでの間をどう保たせるかが重要だ。これは、お気に入りの本を読んであげればいい。取りあえずはこれで誤魔化せる。

そしてうどんが届いたら、手早く子供用の皿に移す。ポイントはここで2皿にそれぞれ移すことだ。早くうどんを冷ます目的である。

 

「ちゅるちゅる~ちゅるちゅる~」などとテキトーな歌で場を誤魔化しながら、子供用のハサミで手早くうどんを斬っていく。もはや朽木隊長並の千本桜に匹敵する速度で一気に麺を粉々にしていく。

 

BLEACH  7 (ジャンプ・コミックス)

BLEACH 7 (ジャンプ・コミックス)

 

 

そしてスプーンで娘の口にイン!笑顔になる娘。めっちゃ可愛い。将来お父さんと結kk ・・・いや、やめておこう。

 

娘にうどんをあげる、そして、速攻で自分も一口食べる。

娘にうどんをあげる、そして、速攻で自分も一口食べる。

娘にうどんをあげる、そして、速攻で自分も一口食べる。

 

何かの修行のようにこれを繰り返し、途中で娘が私の定食の味噌汁をこぼすという事件は起きたものの、概ね無事に終了。

 

スポンサーリンク

     

スポンサーリンク

 

 

 

遊んで疲れて、お腹もいっぱい。もう寝るだけだよね、娘よ。しかしまだだ。俺はまだ引っ張るぞ。

 

そこから、うどん屋近くの公園に寄り、30分ほど遊ぶ。

ビニールシートを引き、一緒にごろごろ。野草を食べようとする娘を8回ほど阻止し、撤収。さあどうだ、今度こそ、今度こそ寝ていいぞ。

 

計画は完璧であった。公園を後にして数分、車の中で熟睡する娘。決まった・・・。華麗なる育児・・・ッ!!

 

そのままドライブで一時間ほど寝かせようと思ったが、さすがに自分も一息つきたくなってきた。しかし、娘を車内に放置したままコーヒーを買いに行く訳にもいかない。

ということで、マクドナルドへ直行。注文が少なくて大変申し訳ないが、ドライブスルーでアイスコーヒーを購入する。育児におけるドライブスルーの利点に気付いたのは、この時が初だった。こういう需要もあるんだな、と。

 

www.jigowatt121.com

 

そして帰宅。そーっと娘を抱き上げ、運搬。自宅に入り、寝かせる。

しかし、ここで痛恨のミス。靴を脱ぐ時につまづき、ドタバタと音を立てて上がり込んでしまった。泣き出す娘、しかも、あの禁断のワードが飛び出る。

 

 

「かーかーーーん!!!!かーかーーーん!!!うぅうぃぃぃぃうぃ~~~」

 

 

そう、「かーかん」とは、紛れもない「お母さん」のことである。

しまった!!俺としたことが!!課長時代に派閥争いに巻き込まれてクビを宣告された島耕作のようなうろたえぶりを披露してしまう私。

ま、待て。焦るな。まだだ、まだ負けが決まったわけじゃない。しっかりしろアラサークソ野郎!!

 

間髪入れずッ!

 

 

「てーん!てーん!てーん!ッッタカ!(前奏) そッ・うッ・だッ!うれしいんだァ!いィーきる!よ・ろ・こ・びッ!!!!ァた・と・えッ!!むねのきずゥが!いーたんでェもォォォーー!!!」

 

アンパンマンのマーチ

アンパンマンのマーチ

  • ドリーミング
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

くらえ!!!!父が歌うアンパンマンOP!!!!歌い方がhydeっぽい!?気にするな!!!!!

 

 

抱っこした状態で背中をトントンしながら、アンパンマンOPを3回リピート。その後、取りあえず頭に浮かんでしまった『EAT, KILL ALL』をバラードアレンジで披露。ごめんな、その前の晩に聴いてたんだよ。

 

EAT, KILL ALL

EAT, KILL ALL

  • Project.R (小林太郎、NoB)
  • サウンドトラック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

そして娘が再度眠りに落ちた。洗濯物の取り込みも完了。

やっとだ。やっと俺の自由時間が始まった。

 

しかし、ソファに転がりながらTwitterとはてブを眺めるだけでその時間は終わった。

 

夕方、起きた娘と少し遊んで、夜ご飯の準備。朝とほぼ同じメニューだが、今日は我慢してくれ。すまんな。

同時進行で風呂をためて、食べ終わったら突入。親子全裸の登場だ!

 

防水Bluetoothスピーカーをお風呂に持ち込み、『最強ミックスVOL.1』を流す。その隙に一気に自分の体を洗う。カラスの行水?? 知らん!!!!!!!

娘の全身を手早く洗い、一緒に浸かる。大好きなぞうさんでシャワーを作って遊ぶ。楽しい。

 

ジョーロ 象さん

ジョーロ 象さん

 

 

風呂から上がると、パンツだけ履いて娘の対応を急ぐ。

身体を拭いたら、嫁さんから指定された3種類の化粧水を顔・胴・手足に塗り込む。その年で全身エステとは贅沢な。そしてオムツ、服を着させる。さっき風呂に入ったはずなのに汗をかいているのは多分気のせいである。

 

その後、布団を敷いてごろんごろん。自分のご飯は何かテキトーにあるものを食べた。

本を読んだり、おもちゃで遊びつつ、いつの間にか疲れて眠る娘。ほどなくして、私の意識も途切れた。

 

スポンサーリンク

     

スポンサーリンク

 

 

 

翌朝、嫁さんも隣に寝ていた。夜遅くに帰ってきたらしい。旅行のおみやげはその土地で買ったビールのおつまみだった。やったぜ!!!!!!!

 

初めて娘と一日を過ごしたが、普段嫁さんがどういう一日を送っているかを体験できたので、とても意義のあるものだった。

今度から、休日に親子で過ごす時にもっと効率よく動けるだろう。効率厨の底力はここから発揮されるのだ。

 

娘よ、元気で逞しく育ってくれたまえ。お父さんとお母さんは毎日楽しいぞ。

 

はじめてママ&パパの育児―0~3才赤ちゃんとの暮らし 気がかりがスッキリ! (実用No.1シリーズ)

はじめてママ&パパの育児―0~3才赤ちゃんとの暮らし 気がかりがスッキリ! (実用No.1シリーズ)