ジゴワットレポート

映画とか、特撮とか、その時思ったこととか。

セルフレジに小銭を全部流し込むの最高!!んぎもぢぃいいいい!!!

FOLLOW ME 

近代貨幣 昔のお金 20枚セット 明治・大正・昭和初期

 

 

最近増えましたよね、セルフレジ。またの名を無人レジ。私の住む辺境の田舎スーパーでも導入されましたし、TSUTAYAもかなり前から。

 

試しに計算してみたのですが、時給800円のレジ打ちパートさんが1日8時間働いて日給6,400円の365日だと約230万円なので、あの手のセルフレジが一台いくらするのかは知りませんが、人件費と天秤にかけるとそう高い買い物ではないだろうなあ、と。(クソ田舎では時給800円が良心価格設定である。これってトリビアになりませんか?)

とはいえネットを見てみるとお困りの方も少なくないようで、割と賛否両論なんですね、あれ。まあ店員さんがご高齢の方に必死で操作方法を教えている場面は私もよく目にしますが。

 

とはいえ。私は大好きです、セルフレジ。だってあれ、さながら自動両替機なんですよ、私の中で。最強の自動両替機。

 

財布の中の小銭が重いなあ、ってタイミングでセルフレジのあるお店に行けたら、胸が高まりますよね。小銭全部を一気に じゃぁああ〜〜 って流し込んで、そうすると、投入金額を綺麗に金種割りして出してくれるんですよ。

10円玉5枚が50円に、1円玉10枚が10円に!もっと言うと、500円玉といくつかの100円玉、それに10円玉がゴロゴロしていたら、なんと千円札を錬成できたりも。小銭を入れたらお札が出てくるんですよ!!こんな!!こんなことって!!

 

 

んぎもぢぃいいいい!!!!!!最高ぉぉぉぉ!!!!!!ぉほほほほほ!!!!!!!

 

 

そろってるの最高!!!!!整理されてるの最高!!!!!財布の中の小銭が必要最小限の枚数に金種割されるあの感覚!!!!!!意外とお札を入れなくても小銭だけで合計金額が支払い金額を上回っていた時のあの感動!!!!んぎもぢぃいいいいッッッ!!!!!ビクビクビクゥ!!!!

 

ルフレジが小銭を飲み込んだ時の、 ゴウン・・・  ゴウン・・・ というあの稼働音。丸い投入口がまるで渦のように小銭を飲み込み、ディスプレイの「合計投入金額」が段々とその桁を増していく高揚感。ピッ・・  ピッ・・  お釣りは◯◯◯円です、お会計よろしいですか?からの OK!!!そして!出てくるお釣りは!そろってる!!必要最低限の枚数で!まるでゲームセンターのスロットのように ジャラララァ 吐き出される小銭たち!!!エクスタシィィィィィーーーー!!!!!

 

「整理整頓フェチ」として、セルフレジほどお手軽かつ確実に性癖を満たしてくれるマシンはありませんね。もうね、最高です。発明してくれた人、ありがとう。導入してくれた人、ありがとう。いつも中身の小銭を補充してくれる人、ありがとう。これからも私はセルフレジが完備されている店舗に通い続けます!!

 

 

◆過去記事

jigowatt.hatenablog.com

jigowatt.hatenablog.com

jigowatt.hatenablog.com