ジゴワットレポート

映画とか、特撮とか、その時思ったこととか。

大型ショッピングモールでたったひとりで生活するオリジナル小説『イオンサバイバル』を公開しました

FOLLOW ME 

ふと思いついた一発ネタを、形にしてみました。

 

誰もが一度は妄想したことがある、大型ショッピングモールでの生活。

ニトリで寝泊まりし、GUで服を選び、フードコートで食料を調達する。見渡す限り、誰もいない。

 

“ひとりきり” のイオンで、主人公は生活を始める。

なぜ、そんな生活が始まったのか。男の目的は何なのか。

 

タイトルは、『イオンサバイバル』です。

エピローグまで含めた全4話で、合計しても文字数は約6,000字。多分、かなりサクッと読めます。

 

kakuyomu.jp

 

「イオンで生活する」を成立させるために、どういった仕掛けが必要だったのか、そのアイデアひとつを頼りに書きました。

読んでいただけた方は、この意味が分かると思います。

 

お暇な方は、どうぞよろしくお願いします。

 

イオンの底力

イオンの底力

イオンの底力