ジゴワットレポート

映画とか、特撮とか、その時思ったこととか。

どんなに酔っ払っていても「絶対に許されない行為」というものがある

FOLLOW ME 

私はお酒が大好きだし、飲み会の席も大好きだ。同僚と飲みに行くのも好きだし、上司に連れていかれるのもあまり苦に感じない。単純に、酒の席が好きなのだ。

だから、酒の席でのアレコレも沢山目にしてきた。無理やり自分の好きなお酒を飲ませようとする人、酔いが回って説教を始める人、泣き出す人、べた褒めを始める人、ギャグのキレが段々と悪くなっていく人。

 

色んな人がいるけども、自分も酔っ払っているので、実はあまり気にならない。ありがたいご高説を垂れ始める上司も、「そうですよね、はい〜」と聞いたふりをしながらお酒を飲んでいればそれで終わる。自分も判断基準がアルコールで鈍くなっていくので、大抵のことはそう気にならないのだ。目の前にお酒と料理があれば時は過ぎる。

 

しかし、どうしても、どうしても許せない行為が、私にはある。どんなに酔っ払っていても「それは人としてどうなんだ」と言いたくなるほどに、心底ハラワタが煮えくり返る行為。これだけは絶対に許せないし、許しちゃいけないんだと、まるで大事な人を殺められたかのような目でその人を見てしまうのだ。

 

それは、「他人の飲み物や食べ物に勝手に何かを混ぜる」という行為。これだけは、もう絶対に、世の中から無くさなければならない。

 

ビールを飲んでいるグラスに焼酎を混ぜてくる上司、自分でいらないと判断したから入れなかったのに食べているお茶漬けの器に勝手にわさびを投入してくる同僚、辛いのが苦手だと言っているのにわざと七味をふりかけてくる知り合い。

お前たちは自分が酔いに任せてどれだけのことに手を染めてしまったか、分かっているのか。私はとても哀しいし、同時に、怒りに拳を握りしめているのだ。

 

小さい奴と言われようが、私は酔いに任せてこういう行為をした人間を一生忘れない。「そういう人」として、どんなに笑顔で繕っても、心の中で軽蔑しながら生きていくだろう。

どんなに気分良く酔っ払っていても、これをされると目の前が真っ暗になり、おそらく顔が引きつっている。「どうせ飲む(食べる)んだから一緒だろ〜」と言ってくるその顔面を殴りたい衝動にかられるし、第一それを言って許されるのはカービィだけだ。

 

泥酔していたとしても、人の飲食物を不当に汚す芸当だけは、認めてはいけない。こんなのが認められる世の中であってはならない。

これに比べれば、個室で断りなく煙草を吸い始めるのも、潰す勢いで何杯も飲ませてくるのも、もう帰りたいのに次の店に駆り立てるのも、どれもこれも私にとっては大したことではない。

 

一生、そのヘラヘラした顔でやった蛮行を私は忘れないからな。絶対にだ。

 

「飲み会」仕事術

「飲み会」仕事術