ジゴワットレポート

映画とか、特撮とか、その時思ったこととか。

感想『名探偵コナン ゼロの執行人』。安室透人気を質に入れた暴挙ともいえる構成に拍手!

FOLLOW ME 

今でもよく覚えている。昨年のコナン映画のエンドロール後に、翌年の特報が流れた瞬間のことを。

古谷徹の声で「ゼロ・・・」と発せられた瞬間に、シアター内の女性ファンから「キャッ!」と歓声が上がったのだ。

 

劇場版 名探偵コナン ゼロの執行人 予告

 

安室透(降谷零)のキャラ人気はかねてから聞いてはいたが、この瞬間に初めて確信した。「ああ、本当に人気なんだな」と。

 

そして2018年のコナン映画『名探偵コナン ゼロの執行人』はそんな安室くんがメインで、コナンとぶつかり合うという触れ込みで、ダメ押しで主題歌が福山雅治の書き下ろし楽曲ときたもんだ。

なんだこの「約束されし大ヒット作」の完璧な布陣は・・・。

 

零 -ZERO-

零 -ZERO-

  • 福山雅治
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

毎年、コナン映画は驚くべき興行収入を叩き出していて、しかも恐ろしいのは、この少子化の時代に記録を更新し続けていることである。それほどまでに、番組のメインターゲットであろう子どもたち以外にも愛されている証拠だろう。

言うまでもなく20年以上連載されており、アラサーの私も小さい頃から慣れ親しんでいる作品だ。最近の連載で やっっっと 新一と蘭が付き合いだした訳だが、言葉にできない感動を覚えてしまう。

 

スポンサーリンク

     

スポンサーリンク

 

 

 

そんな、有無を言わせぬ国民的アニメの劇場版最新作、しかも大人気キャラクター・安室透をメインに据えた『ゼロの執行人』。率直な感想として、かなり「攻めた」作りだったと思う。

というより、ほとんど「暴挙」に近い。こんな歪な作品が存在できることに驚いたくらいだ。

 

何より、ストーリーがちょっとすごかった。これをしっかり理解できた観客はどれほどいるのだろうか。私も少し自信がない。

 

警察、検察、公安。複雑に絡み合う警察組織の、度重なる仕掛けと裏の読み合い。脚本の櫻井武晴氏は『相棒』の脚本にも参加していて、むしろこういうのが得意な分野なのだろうな、と。

『純黒の悪夢』も同じ脚本家だけど、こちらは「黒の組織」というコナンカラーを強く発するギミックを用いていたので、最強の異色作だったけど、話自体はそこまで複雑ではなかったと感じている。

 

劇場版 名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)(通常盤)[Blu-ray]

劇場版 名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)(通常盤)[Blu-ray]

 

 

『ゼロの執行人』はちょっとびっくりするくらい入り組んでいて、「もうちょっと分かりやすく作って欲しかったな」「また動機はこんな感じなのね」という思いもあるにはあるのだけど、コナンで『相棒』レベルの「これ」をやる実験的な試み自体は、好きである。

というか、仮に『相棒』として「これ」を観せられたらすんなり楽しめそうだが、まさかの『コナン』で「これ」だから、脳の認識が変になりそうだった。キツネだけど鳴いたら鶏の声、というか。

 

なので、仮にこれだけで終わっていたら、「小難しかった」という感想にしかならなかっただろう。それなりに見応えはあったけど、コナンとしての本道の面白さからはレールを外していたかもしれないね、と。

 

スポンサーリンク

     

スポンサーリンク

 

 

 

しかし、本作が真髄を発揮するのはラスト30分だ。

劇場版コナンお馴染みのフルボリュームアクションシーンはもちろんのこと、今回はスペクタクルな仕掛けと、何より安室透の最高の見せ場が用意されている。

 

劇場版名探偵コナン から紅の恋歌 (BD) [通常盤] [Blu-ray]

劇場版名探偵コナン から紅の恋歌 (BD) [通常盤] [Blu-ray]

 

 

前作『から紅~』でも、コナンがビルから脱出するシーンのアクションがあまりにも常軌を逸していて興奮しながら泣き笑いしたのだけど、今回もかなり良かった。

コナン映画もここまで続くと、舞台設定と美術が全てアクションシーンのために費やされている。アクションの見せ場から逆算されてデザインされた「エッジ・オブ・オーシャン」に、笑いが止まらない。

 

そして安室透の例のシーンである。

「安室さんって彼女いるの?」という、ファンの多くが知りたかった質問をコナンが投げかけ、そこに安室さんが本気の答えを返し、アクションシーン突入→例のメインテーマが爆音でスタート!・・・という一連の流れは、コナンにしか分泌できないアドレナリンが湯水のごとく沸いてくる極上の仕上がりだった。

 

つまりは、脚本家が得意とする警察組織ミステリーをコナンという土壌で実験的に描き、その実験の担保として、圧倒的キャラクター人気を誇る安室透をこれでもかとかっこ良く魅せつつ恒例のアクションシーンと抱き合わせる、という構造なのだ。

安室透の人気を質に入れた作りというか、もはや事実上の「人気という名の人質」である。すごい。

 

もう「暴挙」ですよ、こんなの。構成が歪すぎる。こんなやり方ができるのはコナンしかいない。

別に検察や公安でそこまで複雑にしなくても、それなりに安室くんが関わってもう少し分かりやすい事件に遭遇させて、コナンの正体が安室くんにバレそうになったりすれば、ちゃんと盛り上がるし、大ヒットするだろう。

しかし、そういうあぐらのかき方をせず、攻めに攻めたミステリーで観客の脳を疲労させ、そこを安室オーラとアクションのアドレナリンで塗りつぶすという、もはや洗脳に近い方法論で完成された本作は、相当奇妙な作品だったと感じている。

 

なんか貶しているように読めるかもしれないが、最大の賛辞である。こんな作り方が許されて、しかもちゃんと大ヒットに持ち込める作品は、コナンしかない。天晴れだ。

 

来年は負けず劣らず大人気な「あいつ」がメインとのことで、またもや一年後が楽しみである。

 

名探偵コナン 安室透/バーボン/降谷零シークレットアーカイブスPLUS: 劇場版『ゼロの執行人』ガイド (少年サンデーグラフィック)

名探偵コナン 安室透/バーボン/降谷零シークレットアーカイブスPLUS: 劇場版『ゼロの執行人』ガイド (少年サンデーグラフィック)

 
名探偵コナン 安室透セレクション (少年サンデーコミックススペシャル)

名探偵コナン 安室透セレクション (少年サンデーコミックススペシャル)