ジゴワットレポート

映画とか、特撮とか、その時思ったこととか。

なんでこれが定価2,484円なの? 価格破壊なの? ROBOT魂『ジプシー・アベンジャー』がすごすぎる

FOLLOW ME 

Amazonから届いて、実際に開封して、「じわり」とびっくらこいた。

こんなの価格破壊だろ・・・ どうしたんだよバンダイ・・・。

 

f:id:slinky_dog_s11:20180301095449j:image

 

f:id:slinky_dog_s11:20180301095503j:image

 

さかのぼること2013年、1作目『パシフィック・リム』公開時。

国内メーカーはこの作品の立体化にはほとんど参入しておらず、アメトイショップでNECAの関節ゆるゆるジプシー・デンジャーを買ったあの日。

 

関節ゆるゆるでも貴重な立体化だったのだ・・・ それが今や・・・ こんな・・・。

 

f:id:slinky_dog_s11:20180301095527j:image

 

この瞬間が一番心が躍る。

 

f:id:slinky_dog_s11:20180301095550j:image

 

f:id:slinky_dog_s11:20180301095559j:image

 

す、すごい・・・。なんてかっこいいウイングパーツ。肩の角度とボリューミーな太もも部分の造形。

確かに付属パーツは少ないとはいえ、これが定価2,484円!? ショップによっては2,000円を下回る!? 嘘だろペントコスト司令官!?

 

なんということだ・・・ バンダイ、どうしたんだよ・・・ 頑張りすぎだろ・・・。

 

f:id:slinky_dog_s11:20180301095538j:image

 

f:id:slinky_dog_s11:20180301095629j:image

 

かっこよすぎる・・・。いじりながら「ふおお」という声しか出てこない・・・。

 

f:id:slinky_dog_s11:20180301095640j:image

 

あまりにかっこよすぎるフィギュアを買ってしまうと、自分のポージングセンスの無さがことさらに露呈されてしまうジレンマ。

 

tamashii.jp

 

念のため(?)に調べてみたのですが、この『ジプシー・アベンジャー』の発売日からさかのぼったいくつかのROBOT魂商品を見ても、一番安いのでも4,000円以上の定価設定。

まさか公開一ヶ月以上前の洋画のフィギュアが2,000円そこらでリリースされるなんて・・・。1作目の頃には考えられなかった事態に身震いするほど。

 

スポンサーリンク

     

スポンサーリンク

 

 

 

ブリスターパックに近い箱の造形とか、この発売タイミングとか、本格的に海外展開を狙ってのことなのかな、と思ったり。

そして、付属品を必要最低限にして価格を抑えることで、「普段この手のフィギュアを買わない人」にも訴求できる代物に設定、と。そのポテンシャルが『パシフィック・リム』に認められているというのが、ファンとしては嬉しいですなあ。

 

 

最近はバンダイ主戦力ラインナップのフィギュアーツでも、現行ライダーを低価格に抑えて販売していたりして 、バンダイの戦略が垣間見えるところ。

 

f:id:slinky_dog_s11:20180301095657j:image

 

せっかくなので、1年前に秋葉原で買った18インチのNECAジプシー・デンジャーとツーショット。まさに圧巻。最高。

 

f:id:slinky_dog_s11:20180301095711j:image

 

f:id:slinky_dog_s11:20180301095721j:image

 

迷っている人は素直に「買い」だと思います。オススメです。

公開が近づき、世間のパシリム熱が上がってくる前に確保するのが吉かと。

 

 

その他の『アップライジング』関連商品は下記記事にまとめてあります。

 

www.jigowatt121.com