ジゴワットレポート

映画とか、特撮とか、その時思ったこととか。

ゴールデンボンバーが歌う『おどるポンポコリン』の中毒性がすごい

FOLLOW ME 

今の『ちびまるこちゃん』のOPは、2016年からゴールデンボンバーが担当している。言わずと知れた『おどるポンポコリン』を、金爆節で見事にカバーしているのだ。

 

おどるポンポコリン

 

このひとつ前はE-girlsがカバーを担当していて、こちらは彼女らが得意とするダンサブルでおしゃれでK-POPっぽさもあるナンバーに仕上がっていた。

対するゴールデンボンバーは、対照的にゴリゴリのロックアレンジに仕上がっており、そこに金爆自身が得意とする「合いの手」「ガヤガヤ感」が上手く乗っかっている。

 

www.youtube.com

 

こちらはE-girls版のPV。まる子がE-girls異世界に迷い込む感じの作り。

 

www.youtube.com

 

対するゴールデンボンバー版は、メンバーがまる子たちの世界にやってきたような印象。

 

「いつだって、忘れない。エジソンは、偉い人」という誰もが知っているあのフレーズも、ゴールデンボンバーのアレンジにかかれば「いつだって!フッフー!! 忘れなァい!エジソンは!フッフー!! 偉い人ォ!」という仕上がりになる。代表曲『女々しくて』でウケたポイントをしっかり盛り込んでくるあたり、隙がない。

 

おどるポンポコリン

おどるポンポコリン

  • ゴールデンボンバー
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

また、ボーカル・鬼龍院翔のハイトーンボイスが炸裂しており、ラスサビのあとの伸びの部分は一聴の価値あり、である。

 

総じて完成度がものすごく高くて、この曲がTVで流れると興奮する娘に聴かせるために購入したはずが、いつの間にか私自身がめちゃくちゃにヘビロテしてしまっている。なんということだ。この歳(アラサー)になって『おどるポンポコリン』を聴きまくる毎日がやってくるとは・・・。

 

音楽的に凝ったナンバーとか、昔を思い出す思い出の曲とか、好きなアーティストの曲とか。そういうのを聴くのはもちろん大好きなのだけど、たまにはこうやって「頭を空にして聴ける明朗で元気が出るナンバー」に浸るのも良いもんですね。

そういう意味では、『おどるポンポコリン』ってすごく無臭だ。そこに余計なものが無い。純粋なる「明」が占めている。

 

余談ですが、上に貼ったゴールデンボンバー版のPV、まる子が属するクラス内のカースト(というか人気度合い)によってファッションや演奏する楽器が意図的に割り振られていて、中々面白いんですよね。イケメンコンビはかっこよくギターを弾いていたり、可愛い子コンビは可愛い衣装を着て踊っていたり。

 

あと、「お腹が減ったよ~~」のあともう一度サビに入るシーンでキャラクターが吊られた篭に乗って移動するのですが(PVだと長沢くん)、これが実は放送回によってキャラクターが異なる?時があるので、毎週なんだかんだ時間があればTVを点けて確認してしまうんですよね。これ、何かのルールがあるのかな? ちびまる子プロの方、ご存知であれば教えてください。

 

おどるポンポコリン

おどるポンポコリン

 

 

おどるポンポコリン (CD)

おどるポンポコリン (CD)

 

 

 

◆過去記事

www.jigowatt121.com